大谷翔平の経歴|母校の花巻東への進学を決めたきっかけは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



日本球界でもまれに見る『2刀流』で、投手だけではなく、打者としても大活躍中の大谷翔平。

そんな彼の経歴や、母校の紹介、入学のきっかけとなった先輩である有名プロ野球選手の紹介をしていきます。

スポンサーリンク




大谷翔平の経歴

生年月日:1994年7月5日生まれ
出身:岩手県水沢市(現奥州市)
身長:193cm
体重:97kg
血液型:B型
投球打席:右投げ・左打ち

「日本一になる」「日本人最速となる163km/hを記録する」「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」と言う大きな目標を掲げ高校に進学しました。

卒業後はメジャーリーグに挑戦する事を明言していたが、北海道日本ハムファイターズが、ドラフト会議で単独指名したものの、1度は面談を拒否したものの、4度に渡る交渉で日本のプロリーグで実力をつけた選手のほうがメジャーリーグで活躍できる確率が高い点などが説明されたようです。

さらにダルビッシュ有が使用していた背番号11の用意と、投手と打者の「二刀流」育成プランなどを提示され、2012年北海道日本ハムファイターズ入団しました。

入団2年目からは、打者としても優秀な成績を残していながら、投手としても、2桁勝利を挙げ、日本人最速となる『165km/h』を記録するなど日本球界の宝と言っても過言ではないでしょう。

母校の紹介

花巻東高等学校とは、1956年創設の私立高等学校で、課程は全日制課程で設置学科は普通科です。

普通科は大きく分けて、特別進学コース・アスリート特進コース・キャリアデザインコースの3つに分類されています。

学業はもちろんの事、特に体育系の部活動に力を入れていて、スポーツ推薦での入学者が多数在籍しています。硬式野球や女子駅伝、水泳は全国大会の常連で、屈指の活躍しています。

また、プロ野球選手も多数排出しています。

花巻東への進学を決めたきっかけは?

男,ピッチャー,左投げ,高校生出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/11385
大谷翔平は、母校である花巻東高等学校への進学の決め手は、先輩である菊池雄星投手の出身校だったからのようです。

ここで少し菊池雄星の紹介をしたいと思います。

菊池雄星投手は、2009年のドラフト会議でから6球団から1位指名を受けるも、埼玉西武ライオンズが交渉権を獲得して入団しました。

2010年シーズンは、怪我に悩まされ登板機会はなかたものの、2011年シーズンからは徐々に1軍での登板も増えてきます。

ここ近年では、2桁勝利を挙げていて、チームの勝利に大きく貢献しています。

まとめ

日本球界でも記録的な経歴を残している大谷翔平は、母校である花巻東高等学校時代から目標にしていた、アメリカメジャーリーグへの挑戦も近いと言われています。

日本球界でも活躍している先輩の菊池雄星投手の影響で、高校進学を決めたことが今の大谷翔平の未来を決定付けたのかもしれませんね!

将来、メジャーリーグのマウンドで3振の山を築く姿を見てみたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする