緒方耕一の愛称は?日本ハムファンからの評判とプロフィールを紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



大谷翔平投手のメジャー挑戦など、何かと寂しい話題も多い日本ハムに明るい話題が飛び込んできました。

1軍野手総合コーチに、2度の盗塁王を獲得する活躍で人気を博した元巨人の緒方耕一の就任が発表されました。

今回は、地元北海道にコーチとして来ることが決まった緒方耕一の親しみやすい愛称や日本ハムファンからの評判、プロフィールを紹介します。

スポンサーリンク




緒方耕一の輝かしいプロフィール

緒方耕一 おがたこういち

  • 出身地 熊本県熊本市
  • 生年月日 1968年9月2日(49歳)
  • 身長 175 cm
  • 体重 68 kg
  • 投球・打席 右投両打
  • ポジション 外野手、二塁手
  • プロ入り 1986年 ドラフト6位
  • 初出場  1989年5月13日
  • 最終出場 1997年8月10日

熊本県立熊本工業高等学校時代は1番・遊撃手を務め、3年時には甲子園大会へ春夏連続で出場しました。

春の大会では初戦敗退、夏の大会も2回戦で敗退したようです。

その後、1986年のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツ(巨人)から6位指名を受け入団。入団後スイッチヒッターに転向しました。

入団二年目の1988年に二軍でイースタン・リーグの盗塁王を獲得。また、同リーグタイ記録となる1試合6盗塁を記録している。

1990年には腰痛で長期離脱した篠塚和典の穴を埋める活躍で初の規定打席到達を果たすと共に33盗塁で野村謙二郎と並び初のセントラル・リーグ盗塁王を獲得したが、日本シリーズで一塁に駆けこんだ際にアキレス腱を故障。

この影響で1991年は出場機会を減らし、盗塁数も激減した。

1993年にはケガから復活し、24盗塁で石井琢朗と並び2度目の盗塁王を獲得。

1994年は守備・走塁のスペシャリストとして活躍し、後に伝説の一戦と呼ばれた「10.8」にもグラッデンに変わって守備で途中出場した。

日本シリーズではファインプレーを見せた他、第5戦で勝利を決定づける満塁本塁打を放ち、試合後のインタビューでは長嶋茂雄監督に「ミラクルボーイ」と言わしめた。

その後、アキレス腱や腰痛など故障により満足なプレーができず、1998年に30歳で現役を引退した。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/緒方耕一

そして2017年秋、緒方耕一氏が来季2018年シーズンから日本ハム1軍野手総合コーチに就任することが発表されました。

選手層の厚い巨人で、2度の盗塁王ということは、相当足が速かったんですね!

そういえば小学生当時、親に走るのが遅いのを見られたくなくて、運動会の徒競争が嫌いだったのを思い出すな~www

そして、長嶋茂雄監督からも称賛を浴びていたのには驚きました!

僕の地元北海道チーム日本ハムのコーチとして来てくれることが決まったことで、勝手に親近感がわいています。

緒方耕一の指導を受けて、来季こそはリーグ優勝だー!

緒方耕一の親しみのある愛称は?

緒方耕一は、「熊本のプリンス」「マイクを持った盗塁王」の愛称で呼ばれ親しまれています。

ここで、愛称の由来を想像してみます!

「熊本のプリンス」

熊本県出身熊本市の出身で、人柄も誠実、甘い見た目で多くの女性を魅了したことからついた愛称だと想像できます。

もし同じように僕に愛称がついたとしたら・・・

怖いのでやめておきます。(;一_一)

「マイクを持った盗塁王」

こちらは想像するまでもなく、足を活かして現役時代に活躍した成績からきていて、引退後マイクを持ってプロ野球の中継解説を行った事からついた愛称でしょう。

2010年10月24日に来季の契約を更新しないことが発表され、巨人を退団。

同年の日本シリーズからTBSラジオのプロ野球中継解説者に復帰、以前とは異なり放送席での解説を担当することになった(2011年に正式復帰)。

2011年以降は、日刊スポーツの野球評論家も務める。

また、日テレG+(日本テレビ系衛星放送チャンネル)のイースタン・リーグ巨人二軍主管試合中継でも解説を担当。

2012年からはTBSラジオに加え、テレビ東京「neo sports」、更に日テレG+では巨人一軍戦中継の解説も担当。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/緒方耕一

実際の野球解説は聞いたことがありませんが、これだけの仕事があるという事は、わかりやすい解説なんでしょうね!

かっこいい愛称ですし、やっぱり才能のある人に天は二物を与えるのかな~

日本ハムファンからの評判は?

みなさん意外な日本ハムコーチ就任のニュースだったようですね。

日本ハムファンはもちろんのこと、緒方耕一ファンも喜んでいるようなので、これからのコーチとしての活躍に大いに期待しましょう。

まとめ

元巨人の複数回盗塁王という輝かしいプロフィールを持ち、「熊本のプリンス」「マイクを持った盗塁王」といった愛称で親しまれている緒方耕一。

2018年シーズンから日本ハム1軍野手総合コーチに就任することが発表され、地元日本ハムのファンの評判もとてもいいようです。

今シーズンは、成績の振るわなかった日本ハムを緒方耕一の熱血指導で底上げしてくれることを祈っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする