菊池雄星のプロフィール|結婚相手には2年間フラレ続けた!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



投手 左投げ 西武 男
出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/827263

近年、めまぐるしい活躍で日本球界でも注目されている菊池雄星。2017年シーズンには、日本人左腕ピッチャー最速記録も更新し、2年連続2桁勝利をあげる勝負強さとは反対に、恋愛では2年間もフラレ続けた過去についてプロフィールとともにお伝えします。

スポンサーリンク




菊池雄星のプロフィール

  • 1991年6月17日岩手県盛岡市生まれ
  • 身長:184cm
  • 体重:100kg
  • 左投げ・左打ちのピッチャー

小学校3年生の時に、見前タイガース1塁手として野球を始めます。

盛岡市立見前中学校では盛岡東シニアでプレーし、この頃から本格的に投手として転向しました。

高校は、花巻東高等学校へ進学。初めは球速にこだわり、制球が乱れ地区大会で勝ち残ることができませんでした。

3年生春の第81回選抜高等学校野球大会初戦では、菊池雄星自身最速の152km/hを記録、さらに9回1死まで無安打の好投を見せるも、決勝で敗れてしまいました。

第91回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)では、最速記録を塗り替え154km/hをマーク、準決勝では背筋痛のため先発こそしなかったものの、途中登板したものの打ち込まれわずか11球でマウンドを降りチームは敗退。

その後の精密検査で、肋骨の骨折が判明したそうです。

高校卒業後の進路として、一時は夢であったメジャーリーグも視野に入れていたものの、「日本の方全員に認められてから、世界でプレーしたい」とコメントし、日本球界でのプレーを決めたようです。

ドラフト会議では、セ・パ両リーグの6球団から1順目指名を受けましたが、埼玉西武ライオンズが交渉権を獲得して、背番号17で契約しました。

初年度は、怪我に悩まされ1軍での活躍はなく終了した。2013年は、開幕1軍入をはたし3月30日の日本ハムファイターズとの試合では、後輩である大谷翔平と対戦し、2三振に抑えました。

2016年は、開幕投手となり菊池雄星初となる年間2桁勝利を手にしました。

2017年は、2年連続開幕投手となり、8月には日本人左腕最速となる158km/hを記録する。さらにこの年は、年間16勝を収め最優秀防御率・最多勝の2冠を達成しました。

結婚相手は?

女性 長髪 美人 出典:https://lineblog.me/rumi_fukatsu/

そんな菊池雄星が、結婚相手にしようとゾッコンだったのがフリーアナウンサーの深津瑠美さんです。

フェリス女学院卒業で、岡山放送に入社後約2年で退社、フリーアナウンサーとして活躍されていました。

2年間も猛アプローチをかけられていたようですが、深津瑠美さんがスポーツ番組に出演していたため断り続けていたそうです。

しかし、共通知り合いに頼んで「1度だけ」とOKをもらい交際が始まりました。結婚相手である深津瑠美さんは、菊池雄星の素直さに惹かれ結婚に至ったようです。

まとめ

2年連続開幕投手、2桁勝利を収めている菊池雄星は、埼玉西武ライオンズのエースに登りつめました。

そんな彼も、夢であるメジャーリーグ挑戦もささやかれています。

フラレ続けたというちょっと悲しい過去はあるものの、そこを乗り越えて結婚相手として選んだ深津瑠美さんの支えを受けて、2人3脚で今後も活躍してほしいと願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする